uploaded

「熱くてヤケドしたじゃない!店長出して!」コーヒー店でクレームを言うおばさん。居合わせた大学生が、声を掛けると…

先日、某コーヒーチェーン店を利用した時の事。

目の前で、何とも印象に残る出来事が起こりました。

某有名私立大学の最寄り駅にある、そのカフェ。

平日の昼下がりはいつも大学生で賑わっています。
 
たまたまそのカフェを利用しようと列に並んでいる時、

一人のおばさんが列を割り込みながら、

ずかずかとレジの方に向かっていくのでした。

「なんだなんだ?」

そんな事を思っていると、そのすぐ後に、

おばさんが雷声で声をあげます。

列を割り込み前に進みながらレジに着くと、

レジに立っている店員に対して
 
「これ、熱くて舌ヤケドしたじゃない!」

 「どうなってるの!!」
 
と、クレームを出したのです。

おばさんの手には、ホットコーヒーに付ける蓋のついたコーヒーカップ。

一気にホットコーヒーを飲んで、ヤケドをしてしまったのでしょうか。

賑わってはいる店内ではあるものの、店内全体に

響き渡るほどのボリュームで放たれた言葉。

その言葉は、一瞬辺りの時が止まった様な雰囲気を醸し出すのでした。

「ヤケドされたんですか」

 「大丈夫ですか?」

オドオドしながらも、クレームを言うおばさんに状態を聞く女性店員。

しかしそんな女性店員の対応など目にもくれず、
 
「ヤケドしたって言ってるでしょ!」

「コーヒーが熱過ぎなのよ!」

「店長呼んで!」
 
と、そのクレームの勢いは止まる事を知りません。
 
店長を呼んでという言葉に対して、女性店員は他の店員に目をやり、

「どうしよう」みたいなやりとりを小声で行います。

店員さんたちも明らかに動揺していて、見ているこっちが心配になる状況。
 
そんな時でした。

彼女たちの元に、一人の救世主が現れたのです。

殺伐とした雰囲気のレジ前に、一人の男性が近寄ってきます。

リュックサックを背負った、いかにも大学生!という様な男性。

可愛らしい爽やかなイケメンでした。

するとそのおばさんに向かって、紙コップを手渡し、
 
「水飲んで冷やした方がいいですよ」

 「ヤケド大丈夫ですか?」

canvas8005400070900000443

 

top

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
「熱くてヤケドしたじゃない!店長出して!」コーヒー店でクレームを言うおばさん。居合わせた大学生が、声を掛けると…

先日、某コーヒーチェーン店を利用した時の事。

目の前で、何とも印象に残る出来事が起こりました。

某有名私立大学の最寄り駅にある、そのカフェ。

平日の昼下がりはいつも大学生で賑わっています。
 
たまたまそのカフェを利用しようと列に並んでいる時、

一人のおばさんが列を割り込みながら、

ずかずかとレジの方に向かっていくのでした。

「なんだなんだ?」

そんな事を思っていると、そのすぐ後に、

おばさんが雷声で声をあげます。

列を割り込み前に進みながらレジに着くと、

レジに立っている店員に対して
 
「これ、熱くて舌ヤケドしたじゃない!」

 「どうなってるの!!」
 
と、クレームを出したのです。

おばさんの手には、ホットコーヒーに付ける蓋のついたコーヒーカップ。

一気にホットコーヒーを飲んで、ヤケドをしてしまったのでしょうか。

賑わってはいる店内ではあるものの、店内全体に

響き渡るほどのボリュームで放たれた言葉。

その言葉は、一瞬辺りの時が止まった様な雰囲気を醸し出すのでした。

「ヤケドされたんですか」

 「大丈夫ですか?」

オドオドしながらも、クレームを言うおばさんに状態を聞く女性店員。

しかしそんな女性店員の対応など目にもくれず、
 
「ヤケドしたって言ってるでしょ!」

「コーヒーが熱過ぎなのよ!」

「店長呼んで!」
 
と、そのクレームの勢いは止まる事を知りません。
 
店長を呼んでという言葉に対して、女性店員は他の店員に目をやり、

「どうしよう」みたいなやりとりを小声で行います。

店員さんたちも明らかに動揺していて、見ているこっちが心配になる状況。
 
そんな時でした。

彼女たちの元に、一人の救世主が現れたのです。

殺伐とした雰囲気のレジ前に、一人の男性が近寄ってきます。

リュックサックを背負った、いかにも大学生!という様な男性。

可愛らしい爽やかなイケメンでした。

するとそのおばさんに向かって、紙コップを手渡し、
 
「水飲んで冷やした方がいいですよ」

 「ヤケド大丈夫ですか?」

canvas8005400070900000443

 

top

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る