uploaded

結婚式で。メイクさん「ちょっとまつ毛が…」新婦『お願いします』 → ドアが開き拍手で迎えられると、全員「えっ…」私『…ん?』 → トンデモナイことに…

旦那=彼男とは大学のテニスサークルで知り合った
私が1年生で彼男が3年生
私が入学して口説かれて付き合うことになったんだけど
彼男には私の入学前にサークル内で付き合ってた女性(A子)がいた

A子は彼男と同じ年で、大学3年生にあたるんだけど
A子は短大生だったので、私が入学した時に社会人になったので面識はなかった
2年生の時に半年くらい付き合ってて、彼男が突然振られて終わったと聞いていた

私が1年生の時から付き合い始めて卒業して社会人になり
何のトラブルもなく交際を続けて私が25歳の時に彼男と結婚した

その結婚式で、ちょっとしたハプニングが

ヘアメイクさんは式場が斡旋した人じゃなくて
コーディネーターさんの紹介の人だったんだけど
打ち合わせの時からなんとなくぎこちなかった
でも私の要望も取り入れてプロの意見も入れてくれて当日までは不満はなかった

いざ挙式の前、新郎と神父と招待客が待つチャペルのドアの前で
バージンロードを歩く父親と腕を組んでドアが開く直前、
メイクさんが「ちょっとまつ毛が」
と私のメイクを少し直した

そのメイクさん、某海外メーカーの筆ペンタイプのコンシーラーを使ってた
男性にもわかるように説明すると、要は肌色の筆ペン
ファンデーションを塗る前に、その肌色の筆ペンでシミを塗り隠すもの
入場曲がかかってドアが開く直前に、メイクさんがその筆で私の両頬を撫でた

ドアが開き、拍手で迎えられる私
彼男を見たら、なぜか青ざめている
神父も彼も、招待客もこんな (゚Д゚;)顔

父の手を離れ、新郎と手を繋いだ時、
前席に座っていた姉が私に飛びかかってきた
涙目になりハンカチで私の顔をゴシゴシこする
母も止めてくれない
何すんの、お姉ちゃんどうしたの?止めて!とパニックになっていると
神父が「・・・前へどうぞ」
その後予行演習通り式は執り行われたが、
招待客はみんな (゚Д゚;)の顔のままだった
お辞儀をして式場のドアが閉まって、新郎新婦退室
ドアが閉まった瞬間、彼男が「どうしたの、その顔!!」
慌てて窓の方に走り、窓ガラスで自分の顔を見ると

そこにはウエディングドレスを着た大槻ケンヂがいた

2_png

続きは次のページをご覧ください

熟恋

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
結婚式で。メイクさん「ちょっとまつ毛が…」新婦『お願いします』 → ドアが開き拍手で迎えられると、全員「えっ…」私『…ん?』 → トンデモナイことに…

旦那=彼男とは大学のテニスサークルで知り合った
私が1年生で彼男が3年生
私が入学して口説かれて付き合うことになったんだけど
彼男には私の入学前にサークル内で付き合ってた女性(A子)がいた

A子は彼男と同じ年で、大学3年生にあたるんだけど
A子は短大生だったので、私が入学した時に社会人になったので面識はなかった
2年生の時に半年くらい付き合ってて、彼男が突然振られて終わったと聞いていた

私が1年生の時から付き合い始めて卒業して社会人になり
何のトラブルもなく交際を続けて私が25歳の時に彼男と結婚した

その結婚式で、ちょっとしたハプニングが

ヘアメイクさんは式場が斡旋した人じゃなくて
コーディネーターさんの紹介の人だったんだけど
打ち合わせの時からなんとなくぎこちなかった
でも私の要望も取り入れてプロの意見も入れてくれて当日までは不満はなかった

いざ挙式の前、新郎と神父と招待客が待つチャペルのドアの前で
バージンロードを歩く父親と腕を組んでドアが開く直前、
メイクさんが「ちょっとまつ毛が」
と私のメイクを少し直した

そのメイクさん、某海外メーカーの筆ペンタイプのコンシーラーを使ってた
男性にもわかるように説明すると、要は肌色の筆ペン
ファンデーションを塗る前に、その肌色の筆ペンでシミを塗り隠すもの
入場曲がかかってドアが開く直前に、メイクさんがその筆で私の両頬を撫でた

ドアが開き、拍手で迎えられる私
彼男を見たら、なぜか青ざめている
神父も彼も、招待客もこんな (゚Д゚;)顔

父の手を離れ、新郎と手を繋いだ時、
前席に座っていた姉が私に飛びかかってきた
涙目になりハンカチで私の顔をゴシゴシこする
母も止めてくれない
何すんの、お姉ちゃんどうしたの?止めて!とパニックになっていると
神父が「・・・前へどうぞ」
その後予行演習通り式は執り行われたが、
招待客はみんな (゚Д゚;)の顔のままだった
お辞儀をして式場のドアが閉まって、新郎新婦退室
ドアが閉まった瞬間、彼男が「どうしたの、その顔!!」
慌てて窓の方に走り、窓ガラスで自分の顔を見ると

そこにはウエディングドレスを着た大槻ケンヂがいた

2_png

続きは次のページをご覧ください

熟恋

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る