uploaded

女『大きいの2でどう?』俺「高いわ」→女『なら5千円でいいです』→俺「あ、金忘れたw」女『じゃあお金いらないです』俺「!?」結果

俺は出会い系にハマりまくっていた。

特に車を買ってからポンポン女が釣れた。

ある時コンビニの駐車場で友達とどっちが先に

出会い系で女を捕まえられるか勝負しようぜと言うので乗った。

結果女から返信が来たのは俺が先だったが内容は
「2で会えませんか」

友達「いや、援はノーカンだろ!」
俺「一応女だし、ありだろ」

とりあえず勝負には勝ったので、この援女を懲らしめようとなった。

俺メール「とりあえず何歳?」

援女「19です」

俺メール「19で2万って高すぎでしょ、プロの風俗嬢でも店で

7千円だぞ(ピンサロの相場を言いました)」

援女「じゃあ5千でいいです。」

俺メール「会って5千の価値があったら払ってやるよ」

とりあえず待ち合わせの場所を伝え、待ちぼうけさせてやれと思って、俺らは家に帰った。

家に着き、風呂入ったり色々してて3時間位たった頃、メールが来た。

援女「まだでしょうか」

えっー!未だに待ってるのかよ、こんなけなげな子が援なんて世も末だなって思った。
こんなけなげなら、もしかしたら美少女じゃね?
美少女と五千でできるなら美味しくね?

俺「今、向かってる」

俺は車中期待を胸いっぱいに膨らませて向かった。
時刻は深夜2時過ぎ、待ち合わせの場所に着いた。
女が立ってるが暗くて全然見えねー
帰ろうか迷ったが、淡い期待を胸に車を降りて向かった。

あーへたこいた。
黒いジャージのキティのサンダルをはいた金髪のヤンキー娘だった。

まじどうしようかと思った。

canvas8005400070900000443

 

top

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
女『大きいの2でどう?』俺「高いわ」→女『なら5千円でいいです』→俺「あ、金忘れたw」女『じゃあお金いらないです』俺「!?」結果

俺は出会い系にハマりまくっていた。

特に車を買ってからポンポン女が釣れた。

ある時コンビニの駐車場で友達とどっちが先に

出会い系で女を捕まえられるか勝負しようぜと言うので乗った。

結果女から返信が来たのは俺が先だったが内容は
「2で会えませんか」

友達「いや、援はノーカンだろ!」
俺「一応女だし、ありだろ」

とりあえず勝負には勝ったので、この援女を懲らしめようとなった。

俺メール「とりあえず何歳?」

援女「19です」

俺メール「19で2万って高すぎでしょ、プロの風俗嬢でも店で

7千円だぞ(ピンサロの相場を言いました)」

援女「じゃあ5千でいいです。」

俺メール「会って5千の価値があったら払ってやるよ」

とりあえず待ち合わせの場所を伝え、待ちぼうけさせてやれと思って、俺らは家に帰った。

家に着き、風呂入ったり色々してて3時間位たった頃、メールが来た。

援女「まだでしょうか」

えっー!未だに待ってるのかよ、こんなけなげな子が援なんて世も末だなって思った。
こんなけなげなら、もしかしたら美少女じゃね?
美少女と五千でできるなら美味しくね?

俺「今、向かってる」

俺は車中期待を胸いっぱいに膨らませて向かった。
時刻は深夜2時過ぎ、待ち合わせの場所に着いた。
女が立ってるが暗くて全然見えねー
帰ろうか迷ったが、淡い期待を胸に車を降りて向かった。

あーへたこいた。
黒いジャージのキティのサンダルをはいた金髪のヤンキー娘だった。

まじどうしようかと思った。

canvas8005400070900000443

 

top

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る