uploaded

【世紀の大発見】超稀少鉱物スカンジウムが小笠原諸島・南鳥島沖で大量発見!世界需要の9900年分、価値にして81兆円分!!日本が世界のトップに!

次世代の燃料電池や合金への利用が見込まれているレアアース。

その一種の超稀少鉱物スカンジウムが日本で大量に発見された!!

発見された場所は、小笠原諸島の南鳥島沖。
その海底の泥に豊富に含まれているらしい。

【世紀の大発見】超稀少鉱物スカンジウムが小笠原諸島・南鳥鳥沖で大量発見!世界需要の9900年分、価値にして81兆円分!!日本が世界のトップに!

【世紀の大発見】超稀少鉱物スカンジウムが小笠原諸島・南鳥鳥沖で大量発見!世界需要の9900年分、価値にして81兆円分!!日本が世界のトップに!

スカンジウムは銀色の軟らかい金属であり、空気中で酸化されて

淡黄色もしくは淡桃色の酸化皮膜が生成する。また、常温でハロゲン元素とも反応する。

濃縮されたスカンジウム源としては、スカンジナビア半島やマダガスカル島で

産出する希少鉱石のトルトバイタイトやユークセナイト、ガドリン石などが知られているのみである。

2_png

衝撃の真相は次のページをご覧ください!!!!

canvas8005400070900000443

 

top

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
【世紀の大発見】超稀少鉱物スカンジウムが小笠原諸島・南鳥島沖で大量発見!世界需要の9900年分、価値にして81兆円分!!日本が世界のトップに!

次世代の燃料電池や合金への利用が見込まれているレアアース。

その一種の超稀少鉱物スカンジウムが日本で大量に発見された!!

発見された場所は、小笠原諸島の南鳥島沖。
その海底の泥に豊富に含まれているらしい。

【世紀の大発見】超稀少鉱物スカンジウムが小笠原諸島・南鳥鳥沖で大量発見!世界需要の9900年分、価値にして81兆円分!!日本が世界のトップに!

【世紀の大発見】超稀少鉱物スカンジウムが小笠原諸島・南鳥鳥沖で大量発見!世界需要の9900年分、価値にして81兆円分!!日本が世界のトップに!

スカンジウムは銀色の軟らかい金属であり、空気中で酸化されて

淡黄色もしくは淡桃色の酸化皮膜が生成する。また、常温でハロゲン元素とも反応する。

濃縮されたスカンジウム源としては、スカンジナビア半島やマダガスカル島で

産出する希少鉱石のトルトバイタイトやユークセナイト、ガドリン石などが知られているのみである。

2_png

衝撃の真相は次のページをご覧ください!!!!

canvas8005400070900000443

 

top

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る