uploaded

同窓会で。男「キレイになったね!」私『久しぶり!一緒に飲もう!』 → 1年後、男「結婚しよう!」私『は?』

pomotwi

 

小学生の頃、転校を切っ掛けにいじめの標的にされた。その当時の私は、ぽっちゃり眼鏡で大人しく、

いじめ甲斐のあるような地味な生徒だった。 


いじめは、トイレに呼び出され暴力、トイレに顔を押さえらつけられ水を飲まされる、

物を壊される、汚される、川に落とされる、砂を頭から掛けられる、物が無くなれば私が盗んだと犯人扱い、

階段から突き落とされる、クラス全員から無視、 
『クラス全員がお前のタヒを望んでいる』と机に落書きされたり、犯ザイ並みのいじめを受けた。

 
担任に訴えても、転校してきたばかりで信じてもらえず、みんな仲良しクラスだと勘違いしていじめをスルー。

 
両親が学校に行っても担任も校長も頭下げるだけで、何も変わらずいじめは止まらなかった。
今なら問題になるけど。


小学生の私にとっては、この世界でいじめが永遠に続くというような錯覚に陥っていて、いつしか
“私がタヒねば楽になる。私がいなくなればいいんだよね。”と考えるようになり、小学3年の頃に自サツ未遂した。

今思うと鬱になってたんだろう。
ドアノブにタオルを掛けて、首を吊るような感じにしたんだけど、意識が失うときにタオルが外れて助かった。

途中まで苦しいのに、意識が失う一瞬の間、フッと楽になるんだ。

 

それから不登校が続いたけど、いじめも高学年になる頃には収まってきた。
ただ、私は人間不信なのとちょっと下を見てビクつきながら話す癖が治らなくて真から話せる友人がいないまま中学に入学。
中学では人数も多かったおかげで、幸いいじめたクラスの人とは誰とも被らなかった。


そこで私はまず癖を直すために、自分から話掛けにいったり、明るく振る舞うように心掛けた。自分を変えるために必タヒだった。
おかげで、仲良い友人もできたし、心の底から笑えるようになれた。


私は元々美術が好きで、小学~高校までオール5や最高得点をつけられ、美術大学を推薦、表彰されて個展に出される、

中学の美術の先生から油絵フルセットをプレゼントされたり、教科書の表示の絵を撒かせられたりと手先が器用な方だった。
ただその頃、美術よりも美容に興味があって、卒業したら美容の道を進むつもりでいた。


卒業して、美容の学校に入り、成績は技術、ペーパー試験どちらもトップになり、コンテストでも優勝した。
その頃、身体のことをすごく追求するようになり、美容に関してありとあらゆるものを勉強した。
自分自身も、ダイエットして引き締まるようなマッサージやツボ、美容の成分など調べては自分で試して外見もみるみる変わっていった。

 

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
同窓会で。男「キレイになったね!」私『久しぶり!一緒に飲もう!』 → 1年後、男「結婚しよう!」私『は?』

pomotwi

 

小学生の頃、転校を切っ掛けにいじめの標的にされた。その当時の私は、ぽっちゃり眼鏡で大人しく、

いじめ甲斐のあるような地味な生徒だった。 


いじめは、トイレに呼び出され暴力、トイレに顔を押さえらつけられ水を飲まされる、

物を壊される、汚される、川に落とされる、砂を頭から掛けられる、物が無くなれば私が盗んだと犯人扱い、

階段から突き落とされる、クラス全員から無視、 
『クラス全員がお前のタヒを望んでいる』と机に落書きされたり、犯ザイ並みのいじめを受けた。

 
担任に訴えても、転校してきたばかりで信じてもらえず、みんな仲良しクラスだと勘違いしていじめをスルー。

 
両親が学校に行っても担任も校長も頭下げるだけで、何も変わらずいじめは止まらなかった。
今なら問題になるけど。


小学生の私にとっては、この世界でいじめが永遠に続くというような錯覚に陥っていて、いつしか
“私がタヒねば楽になる。私がいなくなればいいんだよね。”と考えるようになり、小学3年の頃に自サツ未遂した。

今思うと鬱になってたんだろう。
ドアノブにタオルを掛けて、首を吊るような感じにしたんだけど、意識が失うときにタオルが外れて助かった。

途中まで苦しいのに、意識が失う一瞬の間、フッと楽になるんだ。

 

それから不登校が続いたけど、いじめも高学年になる頃には収まってきた。
ただ、私は人間不信なのとちょっと下を見てビクつきながら話す癖が治らなくて真から話せる友人がいないまま中学に入学。
中学では人数も多かったおかげで、幸いいじめたクラスの人とは誰とも被らなかった。


そこで私はまず癖を直すために、自分から話掛けにいったり、明るく振る舞うように心掛けた。自分を変えるために必タヒだった。
おかげで、仲良い友人もできたし、心の底から笑えるようになれた。


私は元々美術が好きで、小学~高校までオール5や最高得点をつけられ、美術大学を推薦、表彰されて個展に出される、

中学の美術の先生から油絵フルセットをプレゼントされたり、教科書の表示の絵を撒かせられたりと手先が器用な方だった。
ただその頃、美術よりも美容に興味があって、卒業したら美容の道を進むつもりでいた。


卒業して、美容の学校に入り、成績は技術、ペーパー試験どちらもトップになり、コンテストでも優勝した。
その頃、身体のことをすごく追求するようになり、美容に関してありとあらゆるものを勉強した。
自分自身も、ダイエットして引き締まるようなマッサージやツボ、美容の成分など調べては自分で試して外見もみるみる変わっていった。

 

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る