uploaded

【胸糞】私は旦那が悲しむのを知りながら不倫を楽しんでいた。私「愛されてるわ、私wwwww」旦那「お前を愛してる、一緒にご飯いこう」私「間男といくからwwww」→しかしそれから…

アイキャッチ1718

 

もう二年も前に旦那を盗られました。
それで、旦那に別れてほしいと言われたから。
旦那が新しく好きな人が出来たから。あと、私の浮気に耐えられなくなったからでした。
私の浮気は多分普通の人とは違うと思います。別に旦那のことは嫌いじゃなくて、むしろ大好きでした。浮気相手は大学時代の元カレでした。
結婚して半年くらいから刺激が欲しくて浮気をし始めました。でも、半年くらいで浮気がバレました。最初は、離婚はなんとか回避しようとだけ考えていました。でも、予想外に、旦那には泣きつかれました。
それが本当に気持ちがよかった。好きな人を蹂躙して、立場として上に立つというのが本当に気持ちがよかった。愛してもらえてると実感できた。

旦那には何度も辞めてほしいと泣きながら懇願されましたが、あちらから離婚は切り出して来ないのだから、やりたい放題してました。
夜に旦那のすすり泣く声なんかが聞こえると本当に気持ちが良かった。旦那は私のことを愛してくれているんだっていう実感がもてました。
最初元カレと過ごすのは、週末の夜だけだったのですが、いつの間にか週末と土日曜日にお泊まりをするようになり、最終的には完全に元カレと同棲していました。
そうなると、旦那にはご飯を食べてもらうお金を渡さなければなりませんから、少食だし足りるだろうと一万五千円を毎月渡していました。
この頃になると、旦那の顔も見なくなっていて、電話も月に二回くらいになっていました。旦那自身心を病んでいたらしく、消え入りそうな声で、私の手料理が食べたいとか、一緒に食事に行こうと誘ってくれていました。
接点はその程度になっていて、元カレとのデートの予定と重なったり忙しかったりでお願いを聞けることはほとんどありませんでしたが、それでも愛してもらえてる、愛されていると実感できました。

私が三十歳になる二ヶ月くらい前に、入籍が私の誕生日だったので、三十歳の誕生日と結婚五年目のお祝いをしようと誘ってもらえました。
最初は、私も三十歳だし旦那の子供も欲しいからそのお祝いを期に浮気も辞めて旦那と一緒にまた暮らそうと思っていたのですが、じらした方がおもしろいなと思ったので、元カレにお祝いしてもらうから要らない、と言ってまた電話があった時に約束することにしました。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【胸糞】私は旦那が悲しむのを知りながら不倫を楽しんでいた。私「愛されてるわ、私wwwww」旦那「お前を愛してる、一緒にご飯いこう」私「間男といくからwwww」→しかしそれから…

アイキャッチ1718

 

もう二年も前に旦那を盗られました。
それで、旦那に別れてほしいと言われたから。
旦那が新しく好きな人が出来たから。あと、私の浮気に耐えられなくなったからでした。
私の浮気は多分普通の人とは違うと思います。別に旦那のことは嫌いじゃなくて、むしろ大好きでした。浮気相手は大学時代の元カレでした。
結婚して半年くらいから刺激が欲しくて浮気をし始めました。でも、半年くらいで浮気がバレました。最初は、離婚はなんとか回避しようとだけ考えていました。でも、予想外に、旦那には泣きつかれました。
それが本当に気持ちがよかった。好きな人を蹂躙して、立場として上に立つというのが本当に気持ちがよかった。愛してもらえてると実感できた。

旦那には何度も辞めてほしいと泣きながら懇願されましたが、あちらから離婚は切り出して来ないのだから、やりたい放題してました。
夜に旦那のすすり泣く声なんかが聞こえると本当に気持ちが良かった。旦那は私のことを愛してくれているんだっていう実感がもてました。
最初元カレと過ごすのは、週末の夜だけだったのですが、いつの間にか週末と土日曜日にお泊まりをするようになり、最終的には完全に元カレと同棲していました。
そうなると、旦那にはご飯を食べてもらうお金を渡さなければなりませんから、少食だし足りるだろうと一万五千円を毎月渡していました。
この頃になると、旦那の顔も見なくなっていて、電話も月に二回くらいになっていました。旦那自身心を病んでいたらしく、消え入りそうな声で、私の手料理が食べたいとか、一緒に食事に行こうと誘ってくれていました。
接点はその程度になっていて、元カレとのデートの予定と重なったり忙しかったりでお願いを聞けることはほとんどありませんでしたが、それでも愛してもらえてる、愛されていると実感できました。

私が三十歳になる二ヶ月くらい前に、入籍が私の誕生日だったので、三十歳の誕生日と結婚五年目のお祝いをしようと誘ってもらえました。
最初は、私も三十歳だし旦那の子供も欲しいからそのお祝いを期に浮気も辞めて旦那と一緒にまた暮らそうと思っていたのですが、じらした方がおもしろいなと思ったので、元カレにお祝いしてもらうから要らない、と言ってまた電話があった時に約束することにしました。

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
閉じる
閉じる
トップに戻る