uploaded

サプライズで彼女の部屋に行ったら、ガン!ゴン!と何かをぶつける音と「ぐっ」「う゛っ」とくぐもった声が・・・…コッソリ入ると、男が彼女の頭を壁に打ち付けていた…俺「だ、誰だお前!」結果

A男・・・俺 21才 大学3年
B子・・・A男の彼女 21才 大学1年 付き合って6年
C男・・・B子の大学同期 19才 B子にアプローチをしていた

B子と付き合って6年目、彼女の大学の関係で遠距離恋愛になることに。

お互いに忙しかったが1ヶ月に一回は会えるように

2人でいつも調整していて遠距離になってからも関係は順調だった。

大学に入って体育会系の部活に入ったB子。

ある日試合で好成績を上げたから急遽打ち上げの

飲み会をすることになったと連絡が。

その日、久しぶりにB子の所に泊まりがけで逢いに

行くことになっていたが、ちょうど自分の大学の実験がなかなか上手く進まず

行けないかも知れないと連絡を入れようとしていたので

仕方ないねと逢うのを断念していた。

B子とメールのやり取りをしてから、全然進まなかった実験が

何とか形になり実験結果のレポート提出やらが意外と早く終わり

携帯をチェックしていると、飲み会の筈のB子から具合が悪くて

結局途中で帰ってきたというメールが。

その時19時を少し過ぎていたが、実験も終わったし元々泊まり

で逢う約束をしていたしで内緒でお見舞いをしにいくことに。

急いで新幹線に乗りB子の地元へ。家に向かいながらもう寝ちゃってるかな?

と思いつつB子の好きな紅茶や食べ物を途中のスーパーで買い込み

いざアパートへ着くと、部屋に電気がついていた。

この時、すでに22時過ぎ。具合悪いのに起きてる?と

不思議に思いながらもびっくりさせたくて俺はその時

ただわくわくしながら慎重に鍵を開けてドアに手をかけた。

今でもこの時のことを思い出すと血の気が引くし変なものがこみあげてくる。

俺は中の様子を窺おうとゆっくりとドアを開けたんだが、

少し開けた所で不穏な空気を感じた。

部屋の中から、持続的に何かをぶつけるようなガンゴンという

鈍い音が聞こえくぐもったように「ぐっ」とも「う゛っ」ともつかない声が聞こえた。

瞬間反射的にドアを開け放つ。

canvas899999654433

 

canvas8999654433

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
サプライズで彼女の部屋に行ったら、ガン!ゴン!と何かをぶつける音と「ぐっ」「う゛っ」とくぐもった声が・・・…コッソリ入ると、男が彼女の頭を壁に打ち付けていた…俺「だ、誰だお前!」結果

A男・・・俺 21才 大学3年
B子・・・A男の彼女 21才 大学1年 付き合って6年
C男・・・B子の大学同期 19才 B子にアプローチをしていた

B子と付き合って6年目、彼女の大学の関係で遠距離恋愛になることに。

お互いに忙しかったが1ヶ月に一回は会えるように

2人でいつも調整していて遠距離になってからも関係は順調だった。

大学に入って体育会系の部活に入ったB子。

ある日試合で好成績を上げたから急遽打ち上げの

飲み会をすることになったと連絡が。

その日、久しぶりにB子の所に泊まりがけで逢いに

行くことになっていたが、ちょうど自分の大学の実験がなかなか上手く進まず

行けないかも知れないと連絡を入れようとしていたので

仕方ないねと逢うのを断念していた。

B子とメールのやり取りをしてから、全然進まなかった実験が

何とか形になり実験結果のレポート提出やらが意外と早く終わり

携帯をチェックしていると、飲み会の筈のB子から具合が悪くて

結局途中で帰ってきたというメールが。

その時19時を少し過ぎていたが、実験も終わったし元々泊まり

で逢う約束をしていたしで内緒でお見舞いをしにいくことに。

急いで新幹線に乗りB子の地元へ。家に向かいながらもう寝ちゃってるかな?

と思いつつB子の好きな紅茶や食べ物を途中のスーパーで買い込み

いざアパートへ着くと、部屋に電気がついていた。

この時、すでに22時過ぎ。具合悪いのに起きてる?と

不思議に思いながらもびっくりさせたくて俺はその時

ただわくわくしながら慎重に鍵を開けてドアに手をかけた。

今でもこの時のことを思い出すと血の気が引くし変なものがこみあげてくる。

俺は中の様子を窺おうとゆっくりとドアを開けたんだが、

少し開けた所で不穏な空気を感じた。

部屋の中から、持続的に何かをぶつけるようなガンゴンという

鈍い音が聞こえくぐもったように「ぐっ」とも「う゛っ」ともつかない声が聞こえた。

瞬間反射的にドアを開け放つ。

canvas899999654433

 

canvas8999654433

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る