uploaded

女のイジメ現場を目撃!女『お前こっち来い』俺「ヤベッ」→女『この女にお前の咥えさすから脱げよ』→イジメられっ子「イヤだ…」結果

俺が高校2年生の時の事だ、隣のバレー部が

騒がしく開いている窓からちらっと覗いてみると 

学校で優等生で可愛いと評判の末益が先輩にいじめられていた。 

彼女はすでに泣いていた、僕はまずいもの見たと思い

目をそらしたが、いじめていた先輩に見つかってしまった。 

すぐに先輩(女)が部室から出てきて「今、見たね誰にも言うなよ」俺を睨んだ。 

俺は「はい..」と直ぐに答えたが別の先輩が「チョット待ってと」おれを引き止めた。

俺は先輩3人に部室に連れ込まれ鍵をかけられた。 

中では末益が泣いていた。「ねえこの子どうするの?」一人の先輩が俺を指差し言った。 

「まあいいからいいから」先輩は笑いながら答えた。「君名前なんて言うの?」 

「古屋ですけど...」 

「古屋君ね、まあそこ座って」俺はその場に座った。

「足を開いて」俺は素直に従った。 

「これから良い事してあげるよ」先輩は微笑みながら言った。

「何するの?」一人の先輩が尋ねた。 

すると先輩たち3人はなにやら内緒話を始めた。

「マジで」「やばくない」とか声が聞こえてきたが 

やはり何か実行するようだ。 すると先輩は俺の前で

かがみ俺の息子を軽く握った。「けっこうでかいじゃん」 

そして慣れた手つきで弄り始めた、すぐに反応し

テントができたしかもジャ−ジなので凄く目立て見える。 

俺は凄く恥ずかしかった。

「こんなもんかな」最後にギュッと強く握り息子から手を離した。

そこへ2人の先輩が泣いている末益を無理やり連れてきた。 

「さあ、あんたがやるのよ」あまりの出来事に驚きの表情の末益 

「できません」泣きながら訴えたが「うるせえ、やれ」と

何度も叩かれついには、あきらめ俺に「ごめんね」と謝り触りはじめた、

彼女はどうしていいかわからず適当に動かしていた。 

「ちゃんとやれ、やったことあるんだろが」すると彼女は「ない..です」 

「ふーんそうなんだ、オマエ処女か?」 「はい...」恥ずかしそうに答える末益

すると僕は先輩達に無理やりジャージを脱がされ4人の前で完全露出

canvas899999654433

 

canvas8999654433

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
女のイジメ現場を目撃!女『お前こっち来い』俺「ヤベッ」→女『この女にお前の咥えさすから脱げよ』→イジメられっ子「イヤだ…」結果

俺が高校2年生の時の事だ、隣のバレー部が

騒がしく開いている窓からちらっと覗いてみると 

学校で優等生で可愛いと評判の末益が先輩にいじめられていた。 

彼女はすでに泣いていた、僕はまずいもの見たと思い

目をそらしたが、いじめていた先輩に見つかってしまった。 

すぐに先輩(女)が部室から出てきて「今、見たね誰にも言うなよ」俺を睨んだ。 

俺は「はい..」と直ぐに答えたが別の先輩が「チョット待ってと」おれを引き止めた。

俺は先輩3人に部室に連れ込まれ鍵をかけられた。 

中では末益が泣いていた。「ねえこの子どうするの?」一人の先輩が俺を指差し言った。 

「まあいいからいいから」先輩は笑いながら答えた。「君名前なんて言うの?」 

「古屋ですけど...」 

「古屋君ね、まあそこ座って」俺はその場に座った。

「足を開いて」俺は素直に従った。 

「これから良い事してあげるよ」先輩は微笑みながら言った。

「何するの?」一人の先輩が尋ねた。 

すると先輩たち3人はなにやら内緒話を始めた。

「マジで」「やばくない」とか声が聞こえてきたが 

やはり何か実行するようだ。 すると先輩は俺の前で

かがみ俺の息子を軽く握った。「けっこうでかいじゃん」 

そして慣れた手つきで弄り始めた、すぐに反応し

テントができたしかもジャ−ジなので凄く目立て見える。 

俺は凄く恥ずかしかった。

「こんなもんかな」最後にギュッと強く握り息子から手を離した。

そこへ2人の先輩が泣いている末益を無理やり連れてきた。 

「さあ、あんたがやるのよ」あまりの出来事に驚きの表情の末益 

「できません」泣きながら訴えたが「うるせえ、やれ」と

何度も叩かれついには、あきらめ俺に「ごめんね」と謝り触りはじめた、

彼女はどうしていいかわからず適当に動かしていた。 

「ちゃんとやれ、やったことあるんだろが」すると彼女は「ない..です」 

「ふーんそうなんだ、オマエ処女か?」 「はい...」恥ずかしそうに答える末益

すると僕は先輩達に無理やりジャージを脱がされ4人の前で完全露出

canvas899999654433

 

canvas8999654433

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る