uploaded

男手一つで私を育ててくれた父。母のいない私に寂しい思いをさせまいと・・・

私の父が男手一つで私を育ててくれました。

母の居ない私に父は、寂しい思いをさせまいと必死だったと思います。

いろいろと体の違いや考え方の違いもありますし、

男の父が女の私を1人で育てるのにはかなり苦労したようです。

当時、私の父は貿易会社に勤めており出張を繰り返す日々でした。

その為、家に帰ってくるのはいつも遅く、

私が寝てから帰宅というのがほとんどでした。

でも、私の誕生日には、毎年大きなケーキと大きなぬいぐるみを

持って早く帰ってきてくれました。

二人だけの誕生日会。それはとても質素な誕生日会でしたが

私には本当に暖かく、かけがえのないものでした。

なので毎年その日が待ち遠しく、私は誕生日までの日にちを数えたりしていました。

私が小学校に通っていた頃、授業参観がありました。

低学年の頃は、父に私の学校での生活を見て貰いたくて、

ずっと来るようにお願いしていましたが仕事の都合で一度も来て貰えませんでした。

高学年になると、父の仕事の事情もわかり、わがままを言って

父を困らせてはいけないと参観日や学校行事の話をしなくなりました。

そんな中、授業参観の日にクラスの子は、親が来ると恥ずかしいのか

母親などに「絶対に来ないでっていったのに!」「どうしてきたの?」など言っていました。

私はそんなことを言えるクラスメイトが羨ましかった。

父がもし来てくれたら私もそんなこと言うのかなと考えたりしました。

そんなことを考えるたびに父の仕事を恨みました。

小学校六年生の時でした。

その年の誕生日。父は早く帰って来ませんでした。

私は父の帰宅を我慢することが出来ず寝てしまいました。

翌日、枕のそばに大きなぬいぐるみがありテーブルの上には

大きなケーキがありましたが、 肝心の誕生日会をしていないということで

朝から私は父とケンカをしました。

ケンカといっても一方的に私が怒っているだけ。

私は本当に心ないことをたくさん言いました。

「参観日にも来られないなんてお父さんは親の資格なんてない!」

「お父さんは本当は私の事が嫌いなんでしょ!?」

父は言い返しもせずにただだまって聞いているだけでした。

その事に無性に腹が立ちました。

そのころ家事などを父と私で分担していたのですが、

怒りにまかせて数日間全て放棄してしまいました。

canvas9654

 

canvas899999654433

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
男手一つで私を育ててくれた父。母のいない私に寂しい思いをさせまいと・・・

私の父が男手一つで私を育ててくれました。

母の居ない私に父は、寂しい思いをさせまいと必死だったと思います。

いろいろと体の違いや考え方の違いもありますし、

男の父が女の私を1人で育てるのにはかなり苦労したようです。

当時、私の父は貿易会社に勤めており出張を繰り返す日々でした。

その為、家に帰ってくるのはいつも遅く、

私が寝てから帰宅というのがほとんどでした。

でも、私の誕生日には、毎年大きなケーキと大きなぬいぐるみを

持って早く帰ってきてくれました。

二人だけの誕生日会。それはとても質素な誕生日会でしたが

私には本当に暖かく、かけがえのないものでした。

なので毎年その日が待ち遠しく、私は誕生日までの日にちを数えたりしていました。

私が小学校に通っていた頃、授業参観がありました。

低学年の頃は、父に私の学校での生活を見て貰いたくて、

ずっと来るようにお願いしていましたが仕事の都合で一度も来て貰えませんでした。

高学年になると、父の仕事の事情もわかり、わがままを言って

父を困らせてはいけないと参観日や学校行事の話をしなくなりました。

そんな中、授業参観の日にクラスの子は、親が来ると恥ずかしいのか

母親などに「絶対に来ないでっていったのに!」「どうしてきたの?」など言っていました。

私はそんなことを言えるクラスメイトが羨ましかった。

父がもし来てくれたら私もそんなこと言うのかなと考えたりしました。

そんなことを考えるたびに父の仕事を恨みました。

小学校六年生の時でした。

その年の誕生日。父は早く帰って来ませんでした。

私は父の帰宅を我慢することが出来ず寝てしまいました。

翌日、枕のそばに大きなぬいぐるみがありテーブルの上には

大きなケーキがありましたが、 肝心の誕生日会をしていないということで

朝から私は父とケンカをしました。

ケンカといっても一方的に私が怒っているだけ。

私は本当に心ないことをたくさん言いました。

「参観日にも来られないなんてお父さんは親の資格なんてない!」

「お父さんは本当は私の事が嫌いなんでしょ!?」

父は言い返しもせずにただだまって聞いているだけでした。

その事に無性に腹が立ちました。

そのころ家事などを父と私で分担していたのですが、

怒りにまかせて数日間全て放棄してしまいました。

canvas9654

 

canvas899999654433

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る