uploaded

知らない女『交通費無い…家まで送って』→送ってやったら、女の娘(女子高生?)と風呂入ることになったんだが、思わぬワナが…

ありえないと思うかもしれないが聞いてほしい。

ちなみにバッドエンドだから注意な。

俺は国立大学の理工学部に在籍している大学生。
大学生と言うのは表の姿で必要最低限しか大学に行かず

パチンコで生活している、通称パチプロと呼ばれているんだ。

俺の生活は毎日が機械との勝負の繰り返し。
タバコと騒音が凄い店内に入り台を細かくチェックして、

確実に勝てそうな台を選び閉店時間までプレイする。

この生活を2年ほど続けていて学費と生活費を稼いでいるんだ。
同期の仲間たちは就職活動を頑張っているのだが、俺は一社も受けていない。
本当なら冷や汗垂らして焦らなきゃいけないと思うが、

就職がなければこのままパチンコで生活していけばいいかなと思ってる。

パチンコ屋と言えばお金が絡む遊技場。
お金が絡む場所は必ずと言っていいほど修羅場や濡れ場的な話があるんだよね。

1ヶ月ほど前の話なんだけど、俺がパチスロで調子よく4000枚ほど出していたんだ。
ドル箱にすれば4箱満タンで金額にすれば7万弱。
投資金額は2000円ほどだったので、気分よく遊戯をしていたんだ。

そして、閉店時には6000枚まで伸びて約10万円換金した。
換金所を出て駐車場に行こうとすると、変なおばさんが座り込んで泣いていた。

 

おばさん「ぅっぅ・・・」
俺「・・・」

こういう人は大体使ってはいけない金まで使った愚か者。
週に1人は見かけるから、別に特別なことではない。

おばさん「お兄さん、待って!」
俺「・・・」

あえて無視をして車のほうに歩いていくと、おばさんは猛ダッシュして俺の前に来た。

おばさん「家に帰る交通費がなくて・・・、送ってくれませんか?ちゃんとお礼します」
俺「他をあたってくれ」

おばさんのお願いを断ったが、しつこく俺の手を掴んで離さなかった。

俺「コラ、離せよ!」
おばさん「子供たちのご飯を作ってあげたいの!頼むよ!」

このままだと面倒なことになってしまいそうだったので、おばさんを家まで送ることにした。
おばさんの家は車で10分ほどの場所にあるらしいので、適当な話をしながら送った。

あの台はダメだとか、店長は遠隔してるとか、まぁパチンコ屋に来ている人が話す内容だね。
おばさんの家に着くとお礼がしたいというので、とりあえず駐車場に止めて家に入った。
そこには、高校から中学生くらいの娘さんが3人いた。

canvas9654

 

canvas899999654433

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
知らない女『交通費無い…家まで送って』→送ってやったら、女の娘(女子高生?)と風呂入ることになったんだが、思わぬワナが…

ありえないと思うかもしれないが聞いてほしい。

ちなみにバッドエンドだから注意な。

俺は国立大学の理工学部に在籍している大学生。
大学生と言うのは表の姿で必要最低限しか大学に行かず

パチンコで生活している、通称パチプロと呼ばれているんだ。

俺の生活は毎日が機械との勝負の繰り返し。
タバコと騒音が凄い店内に入り台を細かくチェックして、

確実に勝てそうな台を選び閉店時間までプレイする。

この生活を2年ほど続けていて学費と生活費を稼いでいるんだ。
同期の仲間たちは就職活動を頑張っているのだが、俺は一社も受けていない。
本当なら冷や汗垂らして焦らなきゃいけないと思うが、

就職がなければこのままパチンコで生活していけばいいかなと思ってる。

パチンコ屋と言えばお金が絡む遊技場。
お金が絡む場所は必ずと言っていいほど修羅場や濡れ場的な話があるんだよね。

1ヶ月ほど前の話なんだけど、俺がパチスロで調子よく4000枚ほど出していたんだ。
ドル箱にすれば4箱満タンで金額にすれば7万弱。
投資金額は2000円ほどだったので、気分よく遊戯をしていたんだ。

そして、閉店時には6000枚まで伸びて約10万円換金した。
換金所を出て駐車場に行こうとすると、変なおばさんが座り込んで泣いていた。

 

おばさん「ぅっぅ・・・」
俺「・・・」

こういう人は大体使ってはいけない金まで使った愚か者。
週に1人は見かけるから、別に特別なことではない。

おばさん「お兄さん、待って!」
俺「・・・」

あえて無視をして車のほうに歩いていくと、おばさんは猛ダッシュして俺の前に来た。

おばさん「家に帰る交通費がなくて・・・、送ってくれませんか?ちゃんとお礼します」
俺「他をあたってくれ」

おばさんのお願いを断ったが、しつこく俺の手を掴んで離さなかった。

俺「コラ、離せよ!」
おばさん「子供たちのご飯を作ってあげたいの!頼むよ!」

このままだと面倒なことになってしまいそうだったので、おばさんを家まで送ることにした。
おばさんの家は車で10分ほどの場所にあるらしいので、適当な話をしながら送った。

あの台はダメだとか、店長は遠隔してるとか、まぁパチンコ屋に来ている人が話す内容だね。
おばさんの家に着くとお礼がしたいというので、とりあえず駐車場に止めて家に入った。
そこには、高校から中学生くらいの娘さんが3人いた。

canvas9654

 

canvas899999654433

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る