uploaded

俺『ヤリサーを設立するぞ!』→スイーツ研究会(裏の顔はヤリサー)→20人規模のサークルに!しかし俺はある失敗をしてしまう…

これはボクが大学1年生の頃の体験談です。

ボクは人文学系の地方大学に入学しました。

この大学は地元では1番と言われている大学で、

卒業後も地元に残ればエリートの道が約束されていると

噂が流れるほど、地元では優遇されていました。

そのため、この大学に入学をした人たちは目標を持って頑張る人もいれば、

ほとんどが毎日を遊びに費やし自堕落な生活を送っていたんです。

では、ボクはどちらのタイプかというと・・・、

えぇ、もちろん目標を持って頑張るタイプです。

とは言っても、その目標と言うのが「変態を集めて女性の体を弄ぼう」という不純なものでしたが(笑)

とりあえず、既存のサークルなどに加入してしまっては好きなことができないので、

「フルーツ&スイーツ研究会」というのを作りました。

ボクが部長で変態仲間の柿本と佐原の3人でこのサークルは始まりました。

そして、毎日のように学食で近所のケーキ屋さんの商品を数点購入し、

それを細かく切ってみんなに振舞いました。

その時に自分好みの女性には「ただいま入会料無料、サークルに遊びに来ませんか?」

というパンフレットを配ったんです。

すると、入部希望者が一気に集まり全学年で20人ぐらいになりました。

男性4人女性16人の男性にとっては天国のようなサークルでした。

始めは部費で地元のスイーツ店のケーキ、またはアンテナショップで

珍しいフルーツを食べて、それぞれ感想を話していました。

これだけでも十分に楽しかったんですが、本来の目標を達成していません。

そのため、いよいよサークル発足記念と言うタイトルで飲み会を開きました。

これに参加してくれのは合計10人。

まずは、柿本が甘くてアルコールが強い酒を提供してくれる居酒屋を探し、佐原は二次会会場を探した。

そして、飲み会当日。

アルコール度数が強くて甘い酒を女性に、ビールを男性に配り宴会が始まった。

お酒を一口飲んだ女性の中には、すぐにアルコールの強さに気づき飲むのをやめた人もいた。

しかし、いつも仲良く話している推定EカップのEちゃんは「おいしぃ~」と喜んで、3杯も飲んでくれた。

男性軍団も負けずにビールを飲んでいくと、なぜか競って酒を飲む女性たちが・・・。

canvas9654

 

canvas899999654433

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
俺『ヤリサーを設立するぞ!』→スイーツ研究会(裏の顔はヤリサー)→20人規模のサークルに!しかし俺はある失敗をしてしまう…

これはボクが大学1年生の頃の体験談です。

ボクは人文学系の地方大学に入学しました。

この大学は地元では1番と言われている大学で、

卒業後も地元に残ればエリートの道が約束されていると

噂が流れるほど、地元では優遇されていました。

そのため、この大学に入学をした人たちは目標を持って頑張る人もいれば、

ほとんどが毎日を遊びに費やし自堕落な生活を送っていたんです。

では、ボクはどちらのタイプかというと・・・、

えぇ、もちろん目標を持って頑張るタイプです。

とは言っても、その目標と言うのが「変態を集めて女性の体を弄ぼう」という不純なものでしたが(笑)

とりあえず、既存のサークルなどに加入してしまっては好きなことができないので、

「フルーツ&スイーツ研究会」というのを作りました。

ボクが部長で変態仲間の柿本と佐原の3人でこのサークルは始まりました。

そして、毎日のように学食で近所のケーキ屋さんの商品を数点購入し、

それを細かく切ってみんなに振舞いました。

その時に自分好みの女性には「ただいま入会料無料、サークルに遊びに来ませんか?」

というパンフレットを配ったんです。

すると、入部希望者が一気に集まり全学年で20人ぐらいになりました。

男性4人女性16人の男性にとっては天国のようなサークルでした。

始めは部費で地元のスイーツ店のケーキ、またはアンテナショップで

珍しいフルーツを食べて、それぞれ感想を話していました。

これだけでも十分に楽しかったんですが、本来の目標を達成していません。

そのため、いよいよサークル発足記念と言うタイトルで飲み会を開きました。

これに参加してくれのは合計10人。

まずは、柿本が甘くてアルコールが強い酒を提供してくれる居酒屋を探し、佐原は二次会会場を探した。

そして、飲み会当日。

アルコール度数が強くて甘い酒を女性に、ビールを男性に配り宴会が始まった。

お酒を一口飲んだ女性の中には、すぐにアルコールの強さに気づき飲むのをやめた人もいた。

しかし、いつも仲良く話している推定EカップのEちゃんは「おいしぃ~」と喜んで、3杯も飲んでくれた。

男性軍団も負けずにビールを飲んでいくと、なぜか競って酒を飲む女性たちが・・・。

canvas9654

 

canvas899999654433

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る