uploaded

彼女が電マ転がしたままマッ裸で寝てたw俺『おーい!来たぞ!』→彼女「あっ…いま、男友達が来てて…」俺『何で電マあんの?』とんでもないプレイをしてたらしい結果

ある日、毎日のようにある残業がなく、終業時間直後に退社する事が出来た。
久しぶりに外食でもと、同棲している婚約者の携帯へ電話をするも、
電源が入っていないようで掛からない。

ドジな彼女は、車に携帯を置き去りのまま部屋に戻ったり、
充電をし忘れて電話が通じないという事がよくあったから、
どうせ今回もそうだろうと、しょうがなく部屋に戻った。

カバンから鍵を取り出し、鍵穴に差し込む。
右に捻るが手応えがなく、反射的に左に捻ったが鍵が開かない。
もう一度、右に捻るとガチャッと解錠された。
部屋の鍵もかけ忘れたのかと呆れながらドアを開け、部屋に入った。

玄関で靴を脱ぎ、「ただいまー」と呼びかけるが応答はない。
微かに何かのニオイが漂ってきた。夕飯の匂いかな?と思ったが、
まったく食欲をそそられないニオイだったのを覚えている。
何度呼んでも応答がないので、とりあえずリビングに入った。

いつものこの時間なら料理をしているはずだが、台所にも姿は見えない。
ふとソファへと視線を移すと、昼寝用のタオルケットが人の形に膨らんでいる。

顔までタオルケットをしっかり被っているらしい。

冷蔵庫からお茶を取り出しコップに注ぐ。「起きろー、飯食べに行くぞー」反応はない。
お茶を一口飲む。「おーい、もう6時半だぞー」やはり起きない。
タオルケットは緩やかに上下している。やはり寝ているようだ。
よく聞くと寝息も聞こえる。お茶を飲み干しソファに近づくと、電マと携帯が転がっていた。

canvas899999654433

 

canvas9654

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
彼女が電マ転がしたままマッ裸で寝てたw俺『おーい!来たぞ!』→彼女「あっ…いま、男友達が来てて…」俺『何で電マあんの?』とんでもないプレイをしてたらしい結果

ある日、毎日のようにある残業がなく、終業時間直後に退社する事が出来た。
久しぶりに外食でもと、同棲している婚約者の携帯へ電話をするも、
電源が入っていないようで掛からない。

ドジな彼女は、車に携帯を置き去りのまま部屋に戻ったり、
充電をし忘れて電話が通じないという事がよくあったから、
どうせ今回もそうだろうと、しょうがなく部屋に戻った。

カバンから鍵を取り出し、鍵穴に差し込む。
右に捻るが手応えがなく、反射的に左に捻ったが鍵が開かない。
もう一度、右に捻るとガチャッと解錠された。
部屋の鍵もかけ忘れたのかと呆れながらドアを開け、部屋に入った。

玄関で靴を脱ぎ、「ただいまー」と呼びかけるが応答はない。
微かに何かのニオイが漂ってきた。夕飯の匂いかな?と思ったが、
まったく食欲をそそられないニオイだったのを覚えている。
何度呼んでも応答がないので、とりあえずリビングに入った。

いつものこの時間なら料理をしているはずだが、台所にも姿は見えない。
ふとソファへと視線を移すと、昼寝用のタオルケットが人の形に膨らんでいる。

顔までタオルケットをしっかり被っているらしい。

冷蔵庫からお茶を取り出しコップに注ぐ。「起きろー、飯食べに行くぞー」反応はない。
お茶を一口飲む。「おーい、もう6時半だぞー」やはり起きない。
タオルケットは緩やかに上下している。やはり寝ているようだ。
よく聞くと寝息も聞こえる。お茶を飲み干しソファに近づくと、電マと携帯が転がっていた。

canvas899999654433

 

canvas9654

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る