uploaded

職場の先輩『事務の○○さんと職場のトラックでヤったw』俺(えっ、俺の彼女じゃん…)→先輩『すげービッチだったぜw』結果

数年前の話になるけど、ある職場でアルバイトしてた。

そしてその職場の事務の女性と付き合う事になりました。

彼女は俺より3つ年上で、当時25歳。

彼女は仕事の時は眼鏡かけていて、冷たい感じ。

いつもツンとしていて、見た目は性格きつそう。

最初の頃は取っ付きづらくて怖かったけど、喋ってみると案外気さくで、いい人だった。

バイト始めて一年ほど経った頃、職場の飲み会があって、その帰りに勢いで彼女とホテルへ。

やっちゃいました。

それから付き合うようになったんです。

まあ、その頃にはもうかなり打ち解けてたから、付き合う予兆はあったんだけど。

彼女は背はあまり高くないんだけど、巨乳巨尻で腰はしっかりくびれている。

職場の制服ではケツ大きさくらいしか目立たなかったが、

脱がしてみたらかなりエロいスタイルで、付き合い始めの頃は、

彼女のアパートに入り浸りで、暇さえあればやってばかりでした。

ただ職場では恥ずかしいのや立場などから、付き合っている事は

内緒にして欲しいと彼女に言われ、一応職場の人には秘密にしていました。

俺としては言っちゃいたかったんだけど。

で、うちの職場に出入りしている子会社のトラック運転手に

Nさんって人がいて、俺たちバイトとは結構仲良かった。

Nさんは助平な人で、妻と子がある身ながら風俗大好きで、

おまけに何人かセフレがいるいう超絶倫。

頭が禿げかかった30代後半なのに。

仕事の手の空いている時や、休憩時間など、バイトの連中とNさんでよくエロ話をした。

大体はNさんの体験談で、すごく面白かった。

Nさんはとても話術が巧みで、これだから女を口説くのも上手いんだろうなと納得だ。

このNさんが実家の事情で仕事を辞める事になった。

それでNさんが辞める数日前、仕事が終わった後に特に親しかった

バイト数人とNさんとで飲みに行く事になりました。

俺が彼女と付き合い出して3ヶ月目の出来事です。

この日のNさんは最後というのもあってか、珍しく真面目な話を

していたのだが、酒が進むにつれやっぱりいつものエロ話に突入した。

ふとNさんがニヤニヤしならがこう切り出した。

「言おうか、言うまいか、やっぱやめとこう」

そういう言い方されると余計と気になる。

皆で「そこまで言ったら、教えてくださいよ」と激しく突っ込んだ。

そしたらNさん「じゃあ、絶対内緒だぞ。ここだけの話にしてくれよ」とニヤニヤ。

いつもオープンなNさんがこんなふうに言うのは初めてだ。

バイトの皆、もちろん俺も興味を持った。

Nさんは最後にどんなエロ話を聞かせてくれるのだろう、と。

「ほら、おたくらの職場の事務の姉ちゃんいるじゃん。

実はこの間、あの子とやっちゃった。おい、言うなよ。

絶対職場では言うなよ!」と言いつつ、口に人差し指をあててニヤニヤ。

事務の姉ちゃんって・・・まさか・・・。

事務には女性は二人いて、一人は俺の彼女、もう一人は50代のオバサン。

俺はつい、話を続けようとするNさんを遮って、

「◯◯さん(←おばさんの方)とやったって事ですよね?」と

アホな質問をしてしまった。

「おいおい。さすがの俺でもババアとは出来ないよ~」とNさん。

皆はドっと笑う。

「△△さん(←俺の彼女)の方だよ~」

Nさんがやったのは俺の彼女だ。

皆は興奮してNさんに質問を連発していた。

今までNさんの相手と言えば、風俗嬢か、知らない女だったが、

今度のは自分らと同じ職場の事務。

皆がいつもより興味持つのは無理ない。

場が異様な雰囲気になった。

「すげ~。どんなだったですか?」と単純に感動して、セックス内容を

聞きたがる奴もいれば、「物好きっすね~」と言う奴もいる。

彼女は見た目の冷たさで、一部のバイトから好かれていない。

それだけに、そんな彼女をおとしたNさんの話を皆は聞きたくて仕様がないのだ。

しかし俺だけは困惑していた。

Nさんは法螺吹いているのではと思った。

俺という彼氏がいるのに信じられない。

Nさんにこの話をやめてもらいたかった。

でも、この盛り上がりの中そんな不自然な事は出来るはずもない。

やっぱり俺が彼女と付き合ってる事を、隠しておくべきではなかったんだ。

でももう遅い。

今ここで俺が彼女と付き合っていると告白して、Nさんを責める権利は当然ある。

しかしそんな事しても、皆の興味の火に更に油を注ぐだけだろう。

俺はやりきれなかったが、この場は黙ってNさんの話を聞く事にした。

Nさんは皆の質問に答えながら、楽しそうに彼女との一部始終を話してくれた。

canvas899999654433

 

canvas9654

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
職場の先輩『事務の○○さんと職場のトラックでヤったw』俺(えっ、俺の彼女じゃん…)→先輩『すげービッチだったぜw』結果

数年前の話になるけど、ある職場でアルバイトしてた。

そしてその職場の事務の女性と付き合う事になりました。

彼女は俺より3つ年上で、当時25歳。

彼女は仕事の時は眼鏡かけていて、冷たい感じ。

いつもツンとしていて、見た目は性格きつそう。

最初の頃は取っ付きづらくて怖かったけど、喋ってみると案外気さくで、いい人だった。

バイト始めて一年ほど経った頃、職場の飲み会があって、その帰りに勢いで彼女とホテルへ。

やっちゃいました。

それから付き合うようになったんです。

まあ、その頃にはもうかなり打ち解けてたから、付き合う予兆はあったんだけど。

彼女は背はあまり高くないんだけど、巨乳巨尻で腰はしっかりくびれている。

職場の制服ではケツ大きさくらいしか目立たなかったが、

脱がしてみたらかなりエロいスタイルで、付き合い始めの頃は、

彼女のアパートに入り浸りで、暇さえあればやってばかりでした。

ただ職場では恥ずかしいのや立場などから、付き合っている事は

内緒にして欲しいと彼女に言われ、一応職場の人には秘密にしていました。

俺としては言っちゃいたかったんだけど。

で、うちの職場に出入りしている子会社のトラック運転手に

Nさんって人がいて、俺たちバイトとは結構仲良かった。

Nさんは助平な人で、妻と子がある身ながら風俗大好きで、

おまけに何人かセフレがいるいう超絶倫。

頭が禿げかかった30代後半なのに。

仕事の手の空いている時や、休憩時間など、バイトの連中とNさんでよくエロ話をした。

大体はNさんの体験談で、すごく面白かった。

Nさんはとても話術が巧みで、これだから女を口説くのも上手いんだろうなと納得だ。

このNさんが実家の事情で仕事を辞める事になった。

それでNさんが辞める数日前、仕事が終わった後に特に親しかった

バイト数人とNさんとで飲みに行く事になりました。

俺が彼女と付き合い出して3ヶ月目の出来事です。

この日のNさんは最後というのもあってか、珍しく真面目な話を

していたのだが、酒が進むにつれやっぱりいつものエロ話に突入した。

ふとNさんがニヤニヤしならがこう切り出した。

「言おうか、言うまいか、やっぱやめとこう」

そういう言い方されると余計と気になる。

皆で「そこまで言ったら、教えてくださいよ」と激しく突っ込んだ。

そしたらNさん「じゃあ、絶対内緒だぞ。ここだけの話にしてくれよ」とニヤニヤ。

いつもオープンなNさんがこんなふうに言うのは初めてだ。

バイトの皆、もちろん俺も興味を持った。

Nさんは最後にどんなエロ話を聞かせてくれるのだろう、と。

「ほら、おたくらの職場の事務の姉ちゃんいるじゃん。

実はこの間、あの子とやっちゃった。おい、言うなよ。

絶対職場では言うなよ!」と言いつつ、口に人差し指をあててニヤニヤ。

事務の姉ちゃんって・・・まさか・・・。

事務には女性は二人いて、一人は俺の彼女、もう一人は50代のオバサン。

俺はつい、話を続けようとするNさんを遮って、

「◯◯さん(←おばさんの方)とやったって事ですよね?」と

アホな質問をしてしまった。

「おいおい。さすがの俺でもババアとは出来ないよ~」とNさん。

皆はドっと笑う。

「△△さん(←俺の彼女)の方だよ~」

Nさんがやったのは俺の彼女だ。

皆は興奮してNさんに質問を連発していた。

今までNさんの相手と言えば、風俗嬢か、知らない女だったが、

今度のは自分らと同じ職場の事務。

皆がいつもより興味持つのは無理ない。

場が異様な雰囲気になった。

「すげ~。どんなだったですか?」と単純に感動して、セックス内容を

聞きたがる奴もいれば、「物好きっすね~」と言う奴もいる。

彼女は見た目の冷たさで、一部のバイトから好かれていない。

それだけに、そんな彼女をおとしたNさんの話を皆は聞きたくて仕様がないのだ。

しかし俺だけは困惑していた。

Nさんは法螺吹いているのではと思った。

俺という彼氏がいるのに信じられない。

Nさんにこの話をやめてもらいたかった。

でも、この盛り上がりの中そんな不自然な事は出来るはずもない。

やっぱり俺が彼女と付き合ってる事を、隠しておくべきではなかったんだ。

でももう遅い。

今ここで俺が彼女と付き合っていると告白して、Nさんを責める権利は当然ある。

しかしそんな事しても、皆の興味の火に更に油を注ぐだけだろう。

俺はやりきれなかったが、この場は黙ってNさんの話を聞く事にした。

Nさんは皆の質問に答えながら、楽しそうに彼女との一部始終を話してくれた。

canvas899999654433

 

canvas9654

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る