uploaded

職場でお金がなくなった!キチ『こいつです!!この女が泥棒です!!高卒だし出来婚だし!!!』私「はぁ・・?」オーナー「お前本当か!!この野郎!」→衝撃の結果

ある地方都市の飲食店なんだけれど、自分が入って半年ほどしたころ、
食材の減りが異常に早くなった。
通常消費される量よりも一升ほど多く、毎日お米がなくなっていく。
他にも、仕込んだはずの食材が、なぜか翌日無くなっていたり。

疑われたのは、私。
「疑われた」のではなくて、ある人が
「あいつがはん人だと思う」とうわさを流してた。
それが、Wさんだった。

でも、Wさんは前科があって、過去にも1度新人が入ってきたときに
食材を大量に盗んでたことがあったとのこと。そのときも、新人の人のせいに
しようとしたけれど、最終的にバレて、厳重に注意を受けたとのこと。

Wさんの家は古い名家で、経営者の人もWさんのお父様にお世話になったとかで、
クビを切れなかったんだね。

ある日、経営者の方が、「Wさん呼び出して注意するんだけれど、
悪いんだけれど、君も同席してくれる?私じゃなくてあいつだって、
言い張って聞かないんだ。」と、出勤早々声をかけてきた。

「なんで私が・・・」と思ったけれど、古参のパートのIさんが
「私もちょっと同席していいかしら?私さんだけだと、心細いでしょ」
と、助け舟を出してくれた。
で、事務所に行ったんだけれど、すでに事務所の中で座ってたWさんは、
私を見るなり開口一番
「こいつです!!この女が泥棒です!!!!!」
と指出して大声でわめきちらしはじめた。

.....はぁ?!?

Wさんの主張はこうだった。

「自分は名家の娘だ。大学も出た名誉ある○○家の娘がそんなことをするわけがないでしょう!!
それに比べて、私さんの家はどこの馬の骨かわからないよそ者だ。学歴も
高卒で、若くしてできちゃった結婚したようなレベルの低い人だ!
私はこの人がお米を盗んでるところを見たし、この人がはん人で間違いない!!」

で、私に向かって

「私やオーナー、職場のみんなに謝りなさいよ!!
あんたのせいでね、みんな迷惑してるのよ!!!!」

ここまで、オーナーな心細いでしょとついてきてくれたIさんも、無言。
もしかして、本当に私がはん人だと思い込んでるんじゃないだろうか、
と、泣きそうになった。

オーナーが口を開いた。

canvas9654

 

canvas899999654433

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
職場でお金がなくなった!キチ『こいつです!!この女が泥棒です!!高卒だし出来婚だし!!!』私「はぁ・・?」オーナー「お前本当か!!この野郎!」→衝撃の結果

ある地方都市の飲食店なんだけれど、自分が入って半年ほどしたころ、
食材の減りが異常に早くなった。
通常消費される量よりも一升ほど多く、毎日お米がなくなっていく。
他にも、仕込んだはずの食材が、なぜか翌日無くなっていたり。

疑われたのは、私。
「疑われた」のではなくて、ある人が
「あいつがはん人だと思う」とうわさを流してた。
それが、Wさんだった。

でも、Wさんは前科があって、過去にも1度新人が入ってきたときに
食材を大量に盗んでたことがあったとのこと。そのときも、新人の人のせいに
しようとしたけれど、最終的にバレて、厳重に注意を受けたとのこと。

Wさんの家は古い名家で、経営者の人もWさんのお父様にお世話になったとかで、
クビを切れなかったんだね。

ある日、経営者の方が、「Wさん呼び出して注意するんだけれど、
悪いんだけれど、君も同席してくれる?私じゃなくてあいつだって、
言い張って聞かないんだ。」と、出勤早々声をかけてきた。

「なんで私が・・・」と思ったけれど、古参のパートのIさんが
「私もちょっと同席していいかしら?私さんだけだと、心細いでしょ」
と、助け舟を出してくれた。
で、事務所に行ったんだけれど、すでに事務所の中で座ってたWさんは、
私を見るなり開口一番
「こいつです!!この女が泥棒です!!!!!」
と指出して大声でわめきちらしはじめた。

.....はぁ?!?

Wさんの主張はこうだった。

「自分は名家の娘だ。大学も出た名誉ある○○家の娘がそんなことをするわけがないでしょう!!
それに比べて、私さんの家はどこの馬の骨かわからないよそ者だ。学歴も
高卒で、若くしてできちゃった結婚したようなレベルの低い人だ!
私はこの人がお米を盗んでるところを見たし、この人がはん人で間違いない!!」

で、私に向かって

「私やオーナー、職場のみんなに謝りなさいよ!!
あんたのせいでね、みんな迷惑してるのよ!!!!」

ここまで、オーナーな心細いでしょとついてきてくれたIさんも、無言。
もしかして、本当に私がはん人だと思い込んでるんじゃないだろうか、
と、泣きそうになった。

オーナーが口を開いた。

canvas9654

 

canvas899999654433

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る