uploaded

集団強姦された。私(命だけ助かればもう、どうでもいいや)→犯人『こんだけで終わる訳無いだろ?w』→地獄のような体験をした

あれは私が21歳の夏。

梅雨が明けたばかりの、うだるように蒸し暑い夜だった。

バイト先からの帰り道。

その日はちょっと残業になって12時を回っていた。

とはいえ家までは徒歩で15分ほどだし、

ずっと大通りでコンビニも並んでいるので、

それまでも終バスを逃した日は歩いて帰っていた。

もちろん夜中に女が一人で歩いていたら、

車から声をかけられることもあったけど、

無視していればすぐに走り去ってしまうので、

わずらわしさはあっても、怖いと感じることはなかった。

だからその夜、

「どこまで行くの?」と声をかけられたときも、

またかと思っただけで、

車のほうを振り返りもせずに歩き続けた。

なのにその車は走り去るどころか、行く手を塞ぐように歩道に乗り上げてきた。

私はビックリしてその時初めて車に目をやった。

茶髪やら刈り上げの、いかにも軽そうな男達が3人、車の中から私を見ている。

「遠慮しなくていいんだぜ。

送ってやるから乗ってけよ」

その強引さと3人の雰囲気に恐怖と嫌悪感を覚えた私は、

車道に出て車の後ろを回り込み、

行く手のコンビニ目指して一目散に駆け出した。

後ろを振り返る勇気はなかった。

店内に飛び込んで陳列ケースの陰に身を潜めた。

こんなことがなければ、

canvas899999654433

 

canvas9654

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
集団強姦された。私(命だけ助かればもう、どうでもいいや)→犯人『こんだけで終わる訳無いだろ?w』→地獄のような体験をした

あれは私が21歳の夏。

梅雨が明けたばかりの、うだるように蒸し暑い夜だった。

バイト先からの帰り道。

その日はちょっと残業になって12時を回っていた。

とはいえ家までは徒歩で15分ほどだし、

ずっと大通りでコンビニも並んでいるので、

それまでも終バスを逃した日は歩いて帰っていた。

もちろん夜中に女が一人で歩いていたら、

車から声をかけられることもあったけど、

無視していればすぐに走り去ってしまうので、

わずらわしさはあっても、怖いと感じることはなかった。

だからその夜、

「どこまで行くの?」と声をかけられたときも、

またかと思っただけで、

車のほうを振り返りもせずに歩き続けた。

なのにその車は走り去るどころか、行く手を塞ぐように歩道に乗り上げてきた。

私はビックリしてその時初めて車に目をやった。

茶髪やら刈り上げの、いかにも軽そうな男達が3人、車の中から私を見ている。

「遠慮しなくていいんだぜ。

送ってやるから乗ってけよ」

その強引さと3人の雰囲気に恐怖と嫌悪感を覚えた私は、

車道に出て車の後ろを回り込み、

行く手のコンビニ目指して一目散に駆け出した。

後ろを振り返る勇気はなかった。

店内に飛び込んで陳列ケースの陰に身を潜めた。

こんなことがなければ、

canvas899999654433

 

canvas9654

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る