uploaded

プレイのつもりで覆面して彼女の家に侵入!彼女『あなた誰?何?』俺「…」→無理やり犯したら警察呼ばれて大変な事に…

俺がまだニートじゃなかった、遠い遠い昔のお話。

2年ほど前の話です。

彼女と付き合い始めて1年が過ぎようとしてた頃、

俺は彼女とのセクロスに明け暮れていた。

そう、俺も彼女もド変態だったのです。

3日ほど風呂に入らずそのままセクロスしたり、ほどよく車が通る山道に

車を止めてセクロスしたり、もちろんデパートでとびっこスイッチオンプイもやった。

そんなある日、俺はレイプもののAVを見た。

俺はSとM両方イケるんだが、そのAVは妙に興奮した。

そして俺は閃いた。

気が付くと俺は、Amazonで覆面をポチっていた。

3つ穴が空いてるあのベタなやつ。

武器は何が良いかなと思い、89式小銃に目をやるがすぐに我に返る。

こんなデカイのはダメだ。

なので俺は、ニューナンのガスガンを買った。

警察でも採用されているあれである。

そして服装だ。

いつも着てる服じゃ彼女にバレる、そこで俺はジャージを買いに行きました。

レイプにかかった費用、プライスレス。

彼女の家はちょっとセキュリティの堅いマンションだったが、

合鍵を持ってる俺にはそんなもの関係無い。

俺は深夜に彼女のマンションへ向かった。

ガレージに車を止め、覆面を被る。

そこで我に返った。

誰かに会ったらヤバい。

静かに覆面を取り、ポケットに突っ込んで小走りで彼女の部屋まで行った。

幸い誰にも会わなかった。

正直この時点で興奮して勃起しましたハイ。

彼女に悟られないように部屋に進入する。

関係無いけど、この部屋は彼女が俺と結婚生活を送るために買た部屋だった。

2LDKでそこそこ広かった。

そう、彼女は貯金がそこそこあるOLだったのです。

ちなみに当時27歳です。

寝室に入り、彼女のベッドに近づくと、スースーと可愛い寝息を立てている。

俺は興奮した。

今からこの娘を犯すのだ、その背徳感が私を支配した。

布団を掴み、それを引っぺがす。

彼女は私に一瞥をくれると、数秒間を置いて悲鳴を上げた。

キリキリと鼓膜に響き、私の思考は不快感に染まった。

度し難い感情をぶつけるかの如く彼女の口を塞ぎにかかる。

隠し持っていた銃を取り出し、首元に突きつけると。

冷えた金属の感覚が伝わり彼女の表情が恐怖に歪んだ。

私はひたすら無言だった。

いくら覆面をしていても、聞き慣れた声でバレる恐れもあるからだ。

全裸にしようとするが、泣きながら歯を食い縛って必死に抵抗されたのですぐに諦めた。

銃を突きつけられても尚これである。

危機的状況にありながら自らの尊厳を守ろうとする彼女に敬意を表し、下を脱がすだけにした。

canvas9654

 

canvas899999654433

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
プレイのつもりで覆面して彼女の家に侵入!彼女『あなた誰?何?』俺「…」→無理やり犯したら警察呼ばれて大変な事に…

俺がまだニートじゃなかった、遠い遠い昔のお話。

2年ほど前の話です。

彼女と付き合い始めて1年が過ぎようとしてた頃、

俺は彼女とのセクロスに明け暮れていた。

そう、俺も彼女もド変態だったのです。

3日ほど風呂に入らずそのままセクロスしたり、ほどよく車が通る山道に

車を止めてセクロスしたり、もちろんデパートでとびっこスイッチオンプイもやった。

そんなある日、俺はレイプもののAVを見た。

俺はSとM両方イケるんだが、そのAVは妙に興奮した。

そして俺は閃いた。

気が付くと俺は、Amazonで覆面をポチっていた。

3つ穴が空いてるあのベタなやつ。

武器は何が良いかなと思い、89式小銃に目をやるがすぐに我に返る。

こんなデカイのはダメだ。

なので俺は、ニューナンのガスガンを買った。

警察でも採用されているあれである。

そして服装だ。

いつも着てる服じゃ彼女にバレる、そこで俺はジャージを買いに行きました。

レイプにかかった費用、プライスレス。

彼女の家はちょっとセキュリティの堅いマンションだったが、

合鍵を持ってる俺にはそんなもの関係無い。

俺は深夜に彼女のマンションへ向かった。

ガレージに車を止め、覆面を被る。

そこで我に返った。

誰かに会ったらヤバい。

静かに覆面を取り、ポケットに突っ込んで小走りで彼女の部屋まで行った。

幸い誰にも会わなかった。

正直この時点で興奮して勃起しましたハイ。

彼女に悟られないように部屋に進入する。

関係無いけど、この部屋は彼女が俺と結婚生活を送るために買た部屋だった。

2LDKでそこそこ広かった。

そう、彼女は貯金がそこそこあるOLだったのです。

ちなみに当時27歳です。

寝室に入り、彼女のベッドに近づくと、スースーと可愛い寝息を立てている。

俺は興奮した。

今からこの娘を犯すのだ、その背徳感が私を支配した。

布団を掴み、それを引っぺがす。

彼女は私に一瞥をくれると、数秒間を置いて悲鳴を上げた。

キリキリと鼓膜に響き、私の思考は不快感に染まった。

度し難い感情をぶつけるかの如く彼女の口を塞ぎにかかる。

隠し持っていた銃を取り出し、首元に突きつけると。

冷えた金属の感覚が伝わり彼女の表情が恐怖に歪んだ。

私はひたすら無言だった。

いくら覆面をしていても、聞き慣れた声でバレる恐れもあるからだ。

全裸にしようとするが、泣きながら歯を食い縛って必死に抵抗されたのですぐに諦めた。

銃を突きつけられても尚これである。

危機的状況にありながら自らの尊厳を守ろうとする彼女に敬意を表し、下を脱がすだけにした。

canvas9654

 

canvas899999654433

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る