uploaded

親友の彼女『彼が浮気してるかも…』俺「アイツ、お前に隠れてヤリまくりだよw相談に乗ってやる!ウチおいで!」→勢いでヤっちまったんだが…

親友の彼女と6回もしてしまった話。

後悔はしてない。親友が悪いんだ。

登場人物

俺…雅之(26歳。サラリーマン。平凡男。容姿普通。

ファッションは少しがんばっている程度。性格温厚)

俊雄…俺の友人(サラリーマン。ちょっと軽い目。

浮気も結構しているが、ばれないようにやるタイプ)

和美…俊雄の彼女(会社事務。身長160弱。50キロ位。

酒井わかなに似ていてかわいい。胸が大きい(Dカップ)。性格は女の子らしいと思う。)

ある土曜日、俺は彼女もいないので、家で一人テレビを見ていた。
すると、俊夫の彼女の和美ちゃんから電話がかかってきた。

今まで和美ちゃんの携帯から電話がかかってきたのは、

俊雄の携帯の電源が切れた時とかに俊雄が一時的に利用するだけだったのだが、
今日俊雄は和美ちゃんに嘘をついて合コンに行ってるはず。つまり
二人は一緒にいない。なんとなく嫌な予感がしたが、電話にでてみた。

俺「もしもし。和美ちゃん? どうしたの?」
和美「うんうん。なんでもない。ただ暇だったからかけてみた。」
俺「そうか。俺も暇でさあ。土曜日なのに一人でテレビなんて見ちゃってるよ。」
和美「雅之君さあ、今日俊雄がどこにいるか知ってる?」
俺「(やばいと思いつつ)あー今日一緒じゃないんだ。」
和美「たぶんていうか、知ってるんだけどさ、今日俊雄女の子と飲んでるんだよ。」
俺「…」
和美「雅之君、知っているんでしょう?(笑いながら)」
俺「うん。ああ。なんかそんなことを前に聞いたような気もするなあ」
和美「はー(ため息)やだなあ。なんで嘘ついて行くんだろう。」

実を言えば、俺は前から和美ちゃんのことを相当かわいいと思っていて、
それなのに俊雄は和美ちゃんを全然大切にしていないということもあって
こんな会話をしている最中に俺の中で何かいけない気持ちが大きくなっていった。

俺「なんだ。元気ないなあ。それなら俺たちも俊雄に対抗して飲みに行っちゃうか?」
和美「え!? 本当に!? 行きたい、行きたい。すごく行きたい。」
俺「(一瞬迷ったが)じゃあ9時頃迎えにいくよ」
和美「わかった。急いで準備するね。」

あまりの急展開に自分でも信じられなかった。

友達の彼女と二人で飲みに行こうとしている俺。いや飲みに行くだけ。

その時は自分にそんな言い訳をしたような気もするが、今となってはまあそんなことも無意味だな。
9時前に和美ちゃんの家の前に到着。

canvas9654

 

canvas899999654433

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。
images
親友の彼女『彼が浮気してるかも…』俺「アイツ、お前に隠れてヤリまくりだよw相談に乗ってやる!ウチおいで!」→勢いでヤっちまったんだが…

親友の彼女と6回もしてしまった話。

後悔はしてない。親友が悪いんだ。

登場人物

俺…雅之(26歳。サラリーマン。平凡男。容姿普通。

ファッションは少しがんばっている程度。性格温厚)

俊雄…俺の友人(サラリーマン。ちょっと軽い目。

浮気も結構しているが、ばれないようにやるタイプ)

和美…俊雄の彼女(会社事務。身長160弱。50キロ位。

酒井わかなに似ていてかわいい。胸が大きい(Dカップ)。性格は女の子らしいと思う。)

ある土曜日、俺は彼女もいないので、家で一人テレビを見ていた。
すると、俊夫の彼女の和美ちゃんから電話がかかってきた。

今まで和美ちゃんの携帯から電話がかかってきたのは、

俊雄の携帯の電源が切れた時とかに俊雄が一時的に利用するだけだったのだが、
今日俊雄は和美ちゃんに嘘をついて合コンに行ってるはず。つまり
二人は一緒にいない。なんとなく嫌な予感がしたが、電話にでてみた。

俺「もしもし。和美ちゃん? どうしたの?」
和美「うんうん。なんでもない。ただ暇だったからかけてみた。」
俺「そうか。俺も暇でさあ。土曜日なのに一人でテレビなんて見ちゃってるよ。」
和美「雅之君さあ、今日俊雄がどこにいるか知ってる?」
俺「(やばいと思いつつ)あー今日一緒じゃないんだ。」
和美「たぶんていうか、知ってるんだけどさ、今日俊雄女の子と飲んでるんだよ。」
俺「…」
和美「雅之君、知っているんでしょう?(笑いながら)」
俺「うん。ああ。なんかそんなことを前に聞いたような気もするなあ」
和美「はー(ため息)やだなあ。なんで嘘ついて行くんだろう。」

実を言えば、俺は前から和美ちゃんのことを相当かわいいと思っていて、
それなのに俊雄は和美ちゃんを全然大切にしていないということもあって
こんな会話をしている最中に俺の中で何かいけない気持ちが大きくなっていった。

俺「なんだ。元気ないなあ。それなら俺たちも俊雄に対抗して飲みに行っちゃうか?」
和美「え!? 本当に!? 行きたい、行きたい。すごく行きたい。」
俺「(一瞬迷ったが)じゃあ9時頃迎えにいくよ」
和美「わかった。急いで準備するね。」

あまりの急展開に自分でも信じられなかった。

友達の彼女と二人で飲みに行こうとしている俺。いや飲みに行くだけ。

その時は自分にそんな言い訳をしたような気もするが、今となってはまあそんなことも無意味だな。
9時前に和美ちゃんの家の前に到着。

canvas9654

 

canvas899999654433

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る