uploaded

娘「お父さんを誤解してました。本当にごめんなさい(泣」俺「どうでもいい。金をやるから2度と俺に関わるな」→俺が喫茶店を出ると・・・

私の冷酷な態度に嫌悪感を抱く方もいるでしょうが、書き残させて頂きます。


離婚した元妻に引き取られ、会うこともままならなかった娘から不意に着信がありました。
久しぶりに連絡を取るので緊張しているのか硬い声で「結婚の報告をしたいから会って欲しい。」
私はとても喜びました。

次の週、少し離れた元妻の地元へ足を運び待ち合わせ場所の喫茶店に入りました。
応対した店員に娘の席を確認し、心を弾ませながら案内された席に向かうと
そこには元妻から送られてきた娘の成人式の写真よりずっと綺麗になった娘が座っていました。
私は娘の向かいの席に座り笑顔で話しかけましたが、娘は私を睨みつけ一言も喋ろうとしません。
娘の目を見ると、その奥底から滲み出て来るような恐ろしい憎悪を感じました。
私は落ち着いて姿勢を正し、何故そのような目で私を見るのか理由を問いました。
すると娘の口から信じ難い言葉が出て来ました。「私が不倫し、元妻と娘を捨てた。元妻がどれだけ苦労したか分かっているのか」

私は娘が何を言っているのか分からず頭の中が混乱しました。娘は構わず
「あなたを父親だとは思っていないし会うつもりも呼ぶつもりも無かったけど周りが煩いから会いに来た。」
さらに畳みかけるように「これまで何もして来なかったのだから最後くらいお金は出して欲しい。」

私が家庭を疎かにしたことを何度も頭を下げ、心から謝罪をし幾度も復縁をお願いしても頑なに断ったのは元妻のほうだ。
再婚はしているが不倫は断じてやっていない。元妻が娘に会わせようとしなかったが娘の為に養育費は出来うる限り出した。
私は怒りが湧き、声を荒げ強く否定しようかと思いましたがここは公衆の場。人様に迷惑がかかってはいけない。
そう思い必死で怒りを抑えました。

私は「いきなり答えを出すことは出来ない。時間を貰いたい。」そう言って一旦別れました。
その日から私は落ち着いて熟慮を重ね、私を恨んでいるのは元妻らが私を悪く教え込んだせいで娘は悪くない。
娘の為だから費用は当然出す。娘と元妻の関係は良好で、大切な結婚式を前に私が騒いで関係が拗れてはいけない。
結婚式にも披露宴にも出ないが娘の晴れ姿だけはどうしても見たいから周りに気付かれないよう披露宴を見せてもらう。
娘が幸せになってさえくれればそれでいい。真実は落ち着いた頃に誰も傷つけないよう巧く話そう。
私は身勝手で、屈辱的な受け入れ難い要求を条件付きで呑むことを決めました。

2_png

続きは次のページをご覧ください

熟恋

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
娘「お父さんを誤解してました。本当にごめんなさい(泣」俺「どうでもいい。金をやるから2度と俺に関わるな」→俺が喫茶店を出ると・・・

私の冷酷な態度に嫌悪感を抱く方もいるでしょうが、書き残させて頂きます。


離婚した元妻に引き取られ、会うこともままならなかった娘から不意に着信がありました。
久しぶりに連絡を取るので緊張しているのか硬い声で「結婚の報告をしたいから会って欲しい。」
私はとても喜びました。

次の週、少し離れた元妻の地元へ足を運び待ち合わせ場所の喫茶店に入りました。
応対した店員に娘の席を確認し、心を弾ませながら案内された席に向かうと
そこには元妻から送られてきた娘の成人式の写真よりずっと綺麗になった娘が座っていました。
私は娘の向かいの席に座り笑顔で話しかけましたが、娘は私を睨みつけ一言も喋ろうとしません。
娘の目を見ると、その奥底から滲み出て来るような恐ろしい憎悪を感じました。
私は落ち着いて姿勢を正し、何故そのような目で私を見るのか理由を問いました。
すると娘の口から信じ難い言葉が出て来ました。「私が不倫し、元妻と娘を捨てた。元妻がどれだけ苦労したか分かっているのか」

私は娘が何を言っているのか分からず頭の中が混乱しました。娘は構わず
「あなたを父親だとは思っていないし会うつもりも呼ぶつもりも無かったけど周りが煩いから会いに来た。」
さらに畳みかけるように「これまで何もして来なかったのだから最後くらいお金は出して欲しい。」

私が家庭を疎かにしたことを何度も頭を下げ、心から謝罪をし幾度も復縁をお願いしても頑なに断ったのは元妻のほうだ。
再婚はしているが不倫は断じてやっていない。元妻が娘に会わせようとしなかったが娘の為に養育費は出来うる限り出した。
私は怒りが湧き、声を荒げ強く否定しようかと思いましたがここは公衆の場。人様に迷惑がかかってはいけない。
そう思い必死で怒りを抑えました。

私は「いきなり答えを出すことは出来ない。時間を貰いたい。」そう言って一旦別れました。
その日から私は落ち着いて熟慮を重ね、私を恨んでいるのは元妻らが私を悪く教え込んだせいで娘は悪くない。
娘の為だから費用は当然出す。娘と元妻の関係は良好で、大切な結婚式を前に私が騒いで関係が拗れてはいけない。
結婚式にも披露宴にも出ないが娘の晴れ姿だけはどうしても見たいから周りに気付かれないよう披露宴を見せてもらう。
娘が幸せになってさえくれればそれでいい。真実は落ち着いた頃に誰も傷つけないよう巧く話そう。
私は身勝手で、屈辱的な受け入れ難い要求を条件付きで呑むことを決めました。

2_png

続きは次のページをご覧ください

熟恋

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る