uploaded

【泣ける話】明石家さんまの壮絶な生い立ち ~生きてるだけで丸もうけの本当の意味~

◇実母はさんまが三歳のときに病死している。

 

◇(さんま兄が)小学校高学年の時に父が再婚、
さんまには年の離れた弟(故人)ができた。

 

◇「中学生くらいの頃は娯楽といえぱ、
三枝(文枝)のラジオ『ヤングタウン』でね。

 

二段ベッドでいつも二人で聞いてたんです。

新しい母には遠慮もしたし、やっぱり反発もあった。
その母が昔、隣の部屋で酒を飲みながら
『うちの子はこの子(弟)だけや……』って言うのが
壁伝いに聞こえてきたんですよ・・・

 

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
【泣ける話】明石家さんまの壮絶な生い立ち ~生きてるだけで丸もうけの本当の意味~

◇実母はさんまが三歳のときに病死している。

 

◇(さんま兄が)小学校高学年の時に父が再婚、
さんまには年の離れた弟(故人)ができた。

 

◇「中学生くらいの頃は娯楽といえぱ、
三枝(文枝)のラジオ『ヤングタウン』でね。

 

二段ベッドでいつも二人で聞いてたんです。

新しい母には遠慮もしたし、やっぱり反発もあった。
その母が昔、隣の部屋で酒を飲みながら
『うちの子はこの子(弟)だけや……』って言うのが
壁伝いに聞こえてきたんですよ・・・

 

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る