uploaded

怖そうな集団「金貸してくれない?」俺『ヒィィ…』→囲んでいた集団の1人が突然、倒れた!俺『えっ?』見ると…

maxresdefault

 

俺は二浪した末についに東京の大学に合格。 
20歳にして上京することになった。 


東京には俺の彼女がいた。 
彼女は高校時代の同級生で現役で大学合格し、4月から大学3年だ。 
東京へ向かう新幹線に乗って、開いている座席を探す。

ひとつ、開いている席を見つける。
「ここ、開いてますか?」と隣りに座るガタイのいいお兄さんに聞いてみた。
「ああ、開いてるよ」とその人は答えてくれた。


隣りの席に座ると俺はまず携帯電話で彼女に電話してみた。
留守電になっていたので
「もしもし、九(←俺の名前、親が坂本九ファンで九と名づけられた)ですけど、
 今から東京に向かいます」
と入れておいた。


俺が電話を終えると隣りのお兄さんは「君、高校生?」と聞いてきた。
俺が「いえ、20歳です」と言うと
お兄さん「俺とタメ?」
俺「えっ、もっと年上かと思った」

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をクリック(タップ)し、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓

スパム報告

不適切な記事が表示されている場合、
左のアイコンをクリックして表示されたフォームからご報告ください。

[スポンサーリンク]

images
怖そうな集団「金貸してくれない?」俺『ヒィィ…』→囲んでいた集団の1人が突然、倒れた!俺『えっ?』見ると…

maxresdefault

 

俺は二浪した末についに東京の大学に合格。 
20歳にして上京することになった。 


東京には俺の彼女がいた。 
彼女は高校時代の同級生で現役で大学合格し、4月から大学3年だ。 
東京へ向かう新幹線に乗って、開いている座席を探す。

ひとつ、開いている席を見つける。
「ここ、開いてますか?」と隣りに座るガタイのいいお兄さんに聞いてみた。
「ああ、開いてるよ」とその人は答えてくれた。


隣りの席に座ると俺はまず携帯電話で彼女に電話してみた。
留守電になっていたので
「もしもし、九(←俺の名前、親が坂本九ファンで九と名づけられた)ですけど、
 今から東京に向かいます」
と入れておいた。


俺が電話を終えると隣りのお兄さんは「君、高校生?」と聞いてきた。
俺が「いえ、20歳です」と言うと
お兄さん「俺とタメ?」
俺「えっ、もっと年上かと思った」

↓ ↓ ↓

続きを見るには『いいね!』をクリック

※「いいね!」を①、②と押してになったら続きを読もう!

※いいね!をしているけど下にボタンが表示されていない場合は、一旦、上にあるいいね!ボタン左をタップし、いいね!を取り消し再度いいね!を押してください。

②いいねを押すと続き見るボタンが表示されます

いいね!を押したのにみれない方はこちらをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓


不適切な記事の場合は、
上のアイコンをクリックして、
フォームからご報告ください。
Facebookで続きを読む LINEで見る
トップに戻る